本文へスキップ

東京都板橋区のクリニック。秀クリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3975-5780

〒175-0093 東京都板橋区赤塚新町3丁目5-1

ED診療Electile Disfunction

ED診療

ED の診療をおこなっています。
お気軽にご相談ください。毎日平均5人の方が受診されています。
ほかの方に受診目的が知られることはありません。

ED診療の流れ。
  ↓
来院されますと、問診表の記載をお願いしています。
問診票に いろいろな質問項目がありますが、ED、の文字に○をつけて、受付にお戻しください。
  ↓
順番が来ると診察室にご案内し、問診します。
ご説明し、ED薬でよろしければ、院内でお薬をお渡しします。
問診だけで診療は終わります。陰部の診察や、尿検査、血液検査などの検査はありません。
  ↓
お会計して、終了。

対応しているED薬は
ファイザー社、バイエル薬品、リリー(日本新薬)のED薬とファイザー社のED薬の後発品(先発品の約70%の値段)です。
ED薬は正規品で、スズケン、メディセオという薬の卸から仕入れているものです。





費用は、自費診察料3240円+ED薬代となります。
広告規定によりED薬の値段は表示できません。
お電話いただければ、ED薬の価格はお知らせします。
診察料をいたいているので、ED薬1錠の値段は都内相場より安く提供するようにしています。
処方数がおおいと割安とおもいます。
ED薬の期限は2−3年あります。卸よりマメに新鮮な薬?を仕入れています。

EDのコラム(ポパイのホウレン草)
なぜ、EDになるのでしょう。
中学、高校生のころを思い出していただければ、年齢と勃起の関係を実感いただけると思います。
EDには血管の老化が大きく影響しています。
血管の老化(動脈硬化)の原因となる、高血圧、糖尿病、高脂血症(高コレステロール)はEDの重大原因です。
糖尿病の方が、しっかり糖尿病の治療をしたら、朝立ち、するようになったという話を聞いたことがあります。
努力は報われます。EDは生活習慣病ともいえます。
EDで高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、運動不足などがある方は、治療とともに、無理のない運動、ダイエットをお勧めします。
ED薬はEDそのものを治してしまう薬ではなく、飲んで薬が効いている時間だけ、若返るような薬です。薬飲んだら自然に勃起してしまうものではありません。性的刺激をうけて勃起を強化してくれる薬です。
友人が、ED薬ってポパイのほホウレン草のようなものだな、と言っていましたが、そのとおりです。

Hide Clinic秀クリニック

〒175-0093
東京都板橋区赤塚新町3丁目5-1
TEL 03-3975-5780
FAX